09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

タイムリーな視察 六ケ所村 

11月21・22日の2日間、
エネルギー見学会に参加させていただき
青森県六ケ所村にある、
六ケ所原燃PRセンターおよび
日本原燃・原子燃料リサイクル施設
を見学する視察旅行に出かけました。
青空のもと視察旅行出発

日本原燃見学の日の朝、
テレビニュースでは
『北朝鮮がウラン濃縮施設を稼働させた』との
報道の中で『六ケ所村にある施設が
そのモデル』のこと
まさに今回、時の場所に来ていたのだった!
11月22日付河北新報
11月22日付河北新報-2

原子力発電について知らなかったことが
また少し分かりとても有意義な視察旅行に
なったことは随行していただいた
東北電力職員さんのほか
日本原燃にてご案内いただいた
佐々木さん・斎藤さんのおかげであったことを
まずお礼申し上げます。
分かりやすく説明いただきました

六ケ所原燃PRセンターでは
子供から大人まで原子燃料について
大型模型(実物の1/8)や体験型タッチパネルなどで
分かりやすく紹介しているほか
お申し込みいただければ案内スタッフによる
説明を聞きながらPRセンター施設内を
見学することもできます。

お申込み・お問い合わせ
六ケ所原燃PRセンター


レクチャールームで施設概要を聞いた後、
斎藤さんの案内のもとPRセンターから
見える周辺施設について熱心に話を聞く見学会メンバー。
PRセンター内では写真撮影OKです

六ケ所村では77基の風力発電機が稼働中。
広大な土地に広がる風車のある光景は
日本にいることを忘れさせます。
日本風力開発グループによる風車

砂金のように光り輝く粒が製錬され原子力発電の燃料となる。
ウラン鉱石に特殊な光を当てるとウラン粒が見える

この後、いよいよ日本原燃の更に厳しい監視下にある
原子燃料サイクル施設に向かったのですが
テロ防止の観点もあり、カメラ、携帯電話は持ち込み不可。
厳しいセキュリティーチェックの後、実際に稼働している
『高レベル放射能廃棄物貯蔵管理センター』を視察。
↑↑↑
なので写真は一切ありません・・・

安全性を重視した分厚いコンクリートの建屋の中は
モダンな空間が広がり、
ホテルかコンベンションセンターのホールのよう。
今までに訪れたVIPなどの写真も飾ってあり
ここは普通の旅行先ではないことをひしひしと感じました。


『ここは三沢基地も近く、万が一の飛来物対策にも
万全を期した建物なんです。』
そして見せていただいたのが
貴重映像!戦闘機でコンクリートの強度実験
の映像
↑↑↑
潮プランニング動画サイトの上にある検索に
貴重映像!戦闘機でコンクリートの強度実験」で検索すると
動画で見れます。

IAEAの監視も厳しく、日夜、安全操業に徹している
現場を直に見させていただくことができ
短い時間ではありましたが、このような施設見学を
させていただきましたことあらためて感謝いたします。
まだまだ知らないことばかりの
『原子力発電』。
少しですが賢くなった
この2日間でした。



関連記事

[edit]

« 知られざるパワースポット  |  北日本で最速旅客船『ベガ』 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://altair65vega62.blog13.fc2.com/tb.php/216-32a67814
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

433 Storm X Capt.金貨

WELCOME ON BOARD

女川町・潮見表

幸運を呼ぶ誕生花

潮’Sからのお願いです

おながわ ALL STARS
and more

FC2 ブログ ランキング

コメント
ありがとうございます

WHAT'S UP

カテゴリ

WHAT HAPPENED

世界に向け発信中!

検索フォーム